普通のソファーと違うの?ローソファーの概要

低めのデザインがもたらすメリット

ローソファーは一般のソファーと比べ、高さがないデザインになっているのが大きな特徴です。低めデザインにより複数のメリットがもたらされ、一つに圧迫感の少なさが挙げられます。ソファーは存在感があるため、設置をするとどこか狭苦しい雰囲気を受けることがありますよね。その点、ローソファーは部屋に馴染みやすく、調和のとれたインテリア性を築くことができるのです。ワンルームでも置きやすく、一人暮らしの人にも人気があります。座面が低く寛ぎやすいのも魅力でしょう。床で過ごす文化を持つ日本人にとって、座面が低いローソファーは馴染みが良く、寛ぎやすく感じる人も多いのです。座椅子のような感覚で使えるほどの低めタイプもあり、高さが苦手な人でも安心ですね。

ちょっとした不便もある

短所もいくつかあって、まず立ち上がりにくいことです。中でも脚がないタイプですと座面が低い位置にくるため、立つ時にスムーズにいかないかもしれません。特に足や腰が悪い人からすれば不便に感じやすい要素で、例えばお年寄りが使うのならば、ある程度の高さがあった方が使いやすく感じられるでしょう。背もたれが低い物が多いのもネックの一つに挙げられます。背中の真ん中あたりの高さまでしかないデザインも多く、支えが低いために首が疲れてしまうことが考えられますし、長時間座っていると疲れるかもしれませんね。ソファーは実用性があってこその家具とも言えますので、なるべくハイバック設計になっているかどうかに着目しながら選んでみてはいかがでしょう。

こたつでソファーを使うには、窮屈になってしまいます。しかし座面の低いローソファーと合わせれば、こたつにすっぽり入れます。