ゆっくりとくつろぎたい!サイズでローソファーを選ぶ

ローソファーのメリットは?おすすめのシーン

ローソファーとは座面が約30センチまでの高さのソファーのことで、とにかく床面に近く低いのが特徴です。座椅子でもいいのではと思われるかもしれませんが、ローソファーは座椅子よりクッション性がよいですし、通常のソファーと比べても低い分、部屋の上方の空間が広くなるため圧迫感を感じません。また小さなお子さんやペットがいるご家庭では、座面の高いソファーでは落下してケガをする危険があります。しかしローソファーであればそういったリスクも低くなりますし、座面の低さからこたつに入る際も、ゆっくり足を伸ばして座りやすいというメリットがあります。もちろん和風だけでなく洋風の部屋にも合いますので、それぞれの部屋の雰囲気を壊さないような色を選ぶとよいでしょう。

部屋にあったサイズを選んでゆっくりくつろごう?

ローソファーを選ぶときは、サイズ感が重要になってきます。1人掛けから3人掛け、さらに1.5人や2.5人掛けまでさまざまなサイズが用意されています。まずは自分の部屋の大きさと、どのような用途に使用するのかを考えてサイズを選びましょう。サイズ選びを失敗してしまうと、結局使わないままということになりかねません。座面が低いローソファーの中でも、一番低いもので10センチほどのソファーもあります。高齢者の方がいるご家庭では立ち上がりやすいように少し高めに、お子さんやペットのことを考えるなら低めにするという使い分けもよいかもしれませんね。ローソファーのように空間を広く見せてくれるソファーは、一人暮らしの方にも最適です。しっかりと部屋にあったサイズや高さを選び、ゆっくりと足を伸ばしてくつろげる部屋にしましょう。

フロアソファーとは、座面の低いタイプのソファーのことです。床に近い高さでリラックスして座ることができ、こたつやローテーブルとの相性も抜群。高さがないので部屋が広く見えるというメリットもあります。